筋トレで太る!増量のコツ!

筋トレで太る!増量のコツ!

ガリガリしていてもっと太りたいという場合、筋肉を身につけて太るという方法があります。筋肉を身につけると太れるということには理由があります。筋肉は通常の細胞よりも重いという特徴があります。そのため、普通の細胞を鍛えることで筋肉をつけると筋肉細胞は一般の細胞よりも重いため、効率的に体重を増やすことができるのです。

このような体重増加を図るという方法には、筋肉の繊維を一度壊し、その繊維が再生する時に前よりも太い筋肉ができるという特徴があります。そのような身体のシステムを活用し、筋肉に負荷を与えるとこで筋肉の細胞を壊し、これを繰り返すことで太っていくという方法をとるのです。

筋トレのポイント

筋肉をつけるためには筋トレが効果的です。筋トレという方法を採ることで、より効果的に体重を増やすことができます。しかも、筋トレは食べ過ぎと異なって、より健康的です。では、増量のための筋トレを行う場合には、どのようなポイントがあるのでしょう。この点についてはいくつかポイントがあります。

筋肥大を目的とする

まず、筋肥大を目的とした筋トレを行うということです。そして、筋肥大を効率的に行うという点でも大きな筋肉を鍛えるということも大切です。大筋群を優先的に鍛えることでより効果的に増量を測ることが可能になるといえます。

質の高い筋トレをする

そして、質の高い筋トレを行うということもポイントです。質の低い筋トレよりも質の高い筋トレの方が筋肥大という点ではメリットが大きいのです。筋肉の肥大率という点から質の高い筋トレを行うということを意識していくということは大切です。さらに、摂取カロリーと消費カロリーでは摂取カロリーの方が多くなるようにしていきます。

筋トレはカロリー消費も多くなります。その消費カロリーと摂取カロリーのバランスから、消費カロリーを上回る摂取カロリーを採るようにします。逆になってしまうと原料になってしまいます。増量を図るという場合には消費カロリーよりも大きなカロリーを摂取するということが原則です。筋トレで増量を図るという場合には、通常よりもより多くのカロリーを摂取するということが大切です。

たんぱく質の摂取がカギ

また、筋肥大を図り、筋肉を太くするという場合には、原料切れにならないように筋肉の原料となるたんぱく質をしっかりと摂取することが大切になります。運動の方法によってもつく筋肉は違うといわれていますので、自身が理想とする体型作りが可能になるようにする必要があるのです。筋肉を付けて太る場合、筋肉のもととなるたんぱく質が不可欠なので、肉や魚、大豆など、たんぱく質がたくさん含まれている食品をしっかりと摂取し、プロテインなどのサプリメントなども用いると、より効果的に筋肥大の原料を体に供給していくことができます。

筋肥大のための、効率的なたんぱく質の取り方

増量を図る際にはたんぱく質の取り方も重要だといわれます。摂取するたんぱく質は1度の食事で全部を採るのではなく、体が取り込みやすく、筋肉が形成されやすいように何回かに分けて摂取する方がいいといわれています。

1回「20~30グラム」のプロテイン摂取が理想

目安としては1回あたり20グラムから30グラムくらいが理想的なのです。さらに、筋トレ後は必ずたんぱく質を摂取するようにします。たんぱく質は食品から摂取するのが理想ですが、筋トレ直後後に摂取する場合には食事からとるのは難しいといえますので、プロテインパウダーを水に溶かしたものなどのサプリメント系のドリンクを用意するのがおすすめです。

ビタミンBも一緒に取る

さらに、筋肉を付けるためにはたんぱく質を効率よく代謝させることが必要になります。たんぱく質の代謝は、ビタミン
Bという栄養素と一緒になると効率化されるといわれていますので、ビタミンBが摂取できる食品と一緒に摂取するようにします。ただ、このようなポイントを食事で全部カバーするのは難しいという場合も多いのです。

そのため、サプリメントの活用は推奨されます。サプリメントなどの形で摂取できるプロテインパウダーには一緒に摂取すると筋肥大におすすめだといわれている栄養素があらかじめセットになっており、水に溶かすといった簡単な方法で作れるようになっている製品が多くあります。そのため、このような製品を活用するとより効率的といえます。

さらに、筋肉をつけるためには筋肉を減らさないということもポイントになります。筋肉は減るのです。それはとても自然なことなのですが、増量中に筋肉が減ってしまっては困ってしまうのです。ストレスホルモンがあると筋肉が減ってしまうといわれています。そのホルモンはコルチゾールといわれており、空腹時にも筋肉が減ってしまうのです。

そのため、筋肉を付けるためには、この2点には注意するようにしましょう。また、筋トレを行うという場合には、瞬間的な力が加わるようなトレーニングを行うことがいいといわれています。そのため、これらのポイントに留意して体重を増やしていきましょう。

このように、筋肉を身につけて太るという方法があり、その際には様々な留意点があるため、これらの点に留意してビルドアップを行っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする