プロテイン+玄米で理想的に太る!太る3カ条を教えよう!

食事から吸収することができるエネルギーを「摂取カロリー」、生きる為に体が消耗するエネルギーを「消費カロリー」と呼ぶことにします。体重を増やす為にはシンプルに「摂取カロリー」が「消費カロリー」を上回るようにすれば太れます。

しかし、ガリ女・ダリ男は「人よりたくさん食べているのに、なぜゆえ体重が増えんのじゃ!!」という人が多いのが現状です。なぜか、それは体が栄養をうまく吸収できていないからです。つまり、以下のような方程式が基準になります。

太る=(消費カロリー<摂取カロリー) × 栄養吸収力

「高カロリーなお肉をたくさん食べてるのに・・・」
「スナック菓子を食べたり、コーラを飲んでも太れなかった・・・」
「周りよりも、ご飯はたくさん食べてるのに・・・」

これらの人が太れない理由は「消費カロリー<摂取カロリー」に問題はなくても、胃腸の調子が悪く、栄養吸収力が低下しているために、食事でとった栄養が脂肪や筋肉に生まれ変わらなかったことが原因です。

太るコツ3カ条

太るコツ3カ条の、

1つ目は「消費より摂取カロリーの割合を多くする。そのため1日3食を食べる」、
2つ目は「夕食はこれ以上食べられない・・・というくらい沢山食べて、胃を大きくする」
3つ目は「肉じゃなくて、栄養吸収力のある白米(玄米)を沢山食べる」

納豆キムチご飯、パンや麺類を抑える、炭水化物ダイエットが普及しているくらいなので、逆にダイエットでは制限される白米をいつも以上に食べます。

太る実感を得るために30日間は続ける

プロテインは一般の食事では不足しがちな栄養素や、体重を増やしたい人にぜひ摂ってほしいタンパク質を、効果的に摂取できるハイパーな食品です。

継続は力なり。という言葉がありますが、まずは30日間、正しい食事を摂ることを実践してみましょう。少しずつでも「あれ?最近なんだか、体つきが変化してきたかも★」と実感し始めることでしょう。

ただ、たくさん玄米を食べ、酵素の力でサポートをして、筋トレと一緒にプロテインを摂取することを継続しないといけません。中には2~3週間で変化に気づく人もいるようですが、体が変化に馴染むまで、栄養が排出される人もいるので、焦らずじっくり取り組みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする